Apple GOODS ガジェット・デジタル系

AirPodsの音質



みなさんはワイヤレスイヤホンは何を使っていますか?


僕も使っていますが、個人的に街中とかをみてもAirPodsシリーズを使っている人が相対的に多いように感じています。
(オリンピックのスケボ?の選手はほぼ全員と言っていいくらいAirPodsつけてましたね!)


よく、ワイヤレスイヤホンのランキングやレビューをみていると、
AirPods(Proも含む)は音質は普通、むしろ価格に対してはよくない、
という意見を見かけます。


無印AirPodsから使い始めて今AirPods Proを愛用している1ユーザーとして、今日はAir Podsシリーズの音質について考えていこうと思います。


音質はいいの?

結論っぽくなりますが、正直AirPods Proの音質は価格の割にはそんなに良くはないと思います。

同価格帯や少し安い価格帯をみてもゼンハイザーやAviotなどのような音質に拘り作っているメーカーもいます。

以前、僕はゼンハイザーの初代momentum true wirelessを使っていたことがありました。

耳の形状に合わず、カナル型特有の耳の痛みが出てしまう状態だったので、泣く泣く手放したのですが、音質としてはAir Pods Proよりも良かったと思います。

じゃあ、音質が悪いのか、というとそう言うわけではないと思います。

正確に言うと、

“良くも悪くもない特徴がないフラットな音“

と言う感じだと思います。

イヤホンメーカーによって味付けがされていない素直な音、と言うといいでしょうか。

僕は個人的にはこの音がすごく好きです。

ちなみに、格安のBluetoothイヤホンを使っていた妻に昨年の誕生日にAirPods Proをプレゼントしたら、全然音が違う!と驚いていました。

なので、僕の意見としては同じ価格帯の音質にこだわったメーカーのフラグシップ機に比べると劣るけど、悪くはなくむしろいい、と言うところ。


AirPodsを使うメリットは?

では、音質は他のメーカーの方がいいならAirPodsを使うメリットがあるの?と言うことになるが、これはiPhoneユーザーだから当てはまる部分もあるが、

•  ペアリングが非常に楽

•  ノイキャン、外部音取り込みモードは秀逸

•  Appleディバイス間での行き来がノンストレス

•  カナル型イヤホン特有の密閉感や痛みがない

といった点だろう。

1点目はiPhoneユーザーの特権ではあるが、最初のペアリング作業が非常に楽。

iPhoneを近くにある状態で蓋を開けるだけで認識してペアリングをすることができる。

つまり、他の機種と違い、設定メニューに行ってわざわざ接続作業をしなくていいのだ。

これは1回経験すると、他のメーカーのペアリング作業が非常にめんどくさく感じてしまうほど。

2点目はAirPods Pro限定であるが、ノイキャン・外部音取り込みモードのできが非常にいい。

僕は他にBOSEのワイヤレスヘッドホンを使っているのだが、正直ノイキャン性能はAirPods Proの方が断然優れている。

自然にノイズを除去して安定性がとても高い。

外部音取り込みも本当にイヤホンをしていない状態と同じような聞こえ方がしてくる。

3点目はAppleディバイスを複数台使用している人限定の話であるが、端末間の切り替えが設定・動作いらずで非常に楽なのだ。

例えば、iPhoneで音楽を聴いていて、iPadでAirPodsでYouTubeをみようとしたときに、設定画面からの切り替え作業が不要で、iPad側で再生を始めると自然に、iPhoneの音楽はストップしてiPadd YouTubeの再生がAirPodsで始まるのだ。

4点目はカナル型イヤホンが苦手な人にはわかっていただけると思うが、長時間耳につけている時に感じる圧迫感や痛みがAirPods Proでは全くないのだ。

なので、長時間つけていても聴き疲れしなくて快適です。

さっと、他にはないAirPodsの特徴を挙げるとこんな感じだろう。


群雄割拠のワイヤレスイヤホン市場

今や様々なメーカーがワイヤレスイヤホンを発売している群雄割拠状態だ。

最近だと、安くて品質もいいので知られるAnkerが2種類の上位機種イヤホンの発売を始めた。

ちなみに、僕は最近AirPods Proのケースを失くしてしまい、今は Ankerのワイヤレスイヤホンを使っている。

確か価格は1万円ちょっとでAirPods Proと比較すると断然安い。
アプリでいろんな操作もできるしジェスチャー操作も豊富、音質も悪くない(好みではある)、
という点を考慮すると非常に満足度が高いイヤホンだ。

メーカーとしては気が抜けない状態なので非常に大変だと思うが、ユーザー目線で見ると選択肢が増えるのでとてもありがたい状態だろう。

ただ、その一方で選択肢が多すぎて悩む、ということもあるだろう。

一番はヨドバシカメラやビッグカメラなどの大手家電量販店に行って視聴をしてみるのがいいだろう。
(ちなみに、上位のAnkerのイヤホンもヨドバシで視聴して購入を決定した)

同じカナル型であっても本体自体の形状などからメーカーごとでその人に合う・合わないが必ずあるからだ。

あとは、自分が何を重要視してイヤホンを選ぶのか、というのを明確に持って選ぶようにしよう。

この基準がないと、悪い意味で想定外の買い物になってしまい、後悔する可能性があるから注意しましょう!


まだ噂はないが、僕はやっぱりApple製品が好きなので、AirPods Proの次世代機が今年発表されるのを楽しみに待とうと思います...。

-Apple, GOODS, ガジェット・デジタル系
-, , , ,

Copyright© S-Chan Log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.