Apple iPad

SmartKeyboard FolioとApple Pencil第2世代レビュー

以前紹介したように、Macのサブ機として使っているiPadをAir3からAir4へ買い替えた。



その買い替えに伴って、Air3で使っていたSmartKeyboard CoverとApple Pencil第1世代をSmartKeyboard FolioとApple Pencil第2世代へ買い替えをした。

今日は、iPad周辺機器のマストアイテムであるこの2つについて、レビューをしていこうと思う!!


ApplePencil第2世代

まずは、ApplePencilについて。

正直、僕は絵を描くわけではないので、pencil自体の性能向上とかは全くわからない。

ただ、第1世代と大きく違うこととして、

•  充電・ペアリング方法

が挙げられる。

これまでの第1位世代であれば、写真のように本体底部のLightningポートに挿し込みをして、ペアリング・充電をする、というスマートとは全く言えない使用になっていた。

また、くっつけて持ち運びとかもできない使用であったので、僕は購入したものの使用頻度が非常に低かった。

それが、第2世代になってProと同じようにマグネット内蔵で本体にくっつけてペアリング・充電ができるようになった。

これは本当にスマートだな〜と第1世代を使っていた身としては感じる(笑)

そして、このようにくっつけていればいいだけなので、いつも一緒に持ち運ぶようにもなった。

持ち運べば必然的に使用頻度も上がる、というものだ。

写真編集・加工する際だけでなく、ソファーでくつろぎながらネットサーフィンやSNSを見ている時に、マウス代わりに使うことも増えた。

iPad自体の使い方はAir3からほとんど変わっていないので、一番大きく変わったのはこの点かもしれない。


SmartKeyboard Folio

次は、SmartKeyboard Coverから買い替えをしたSmartKeyboard Folio。

大きな仕様変更としては、

•  2段階の角度調整ができる

•  背面も保護

•  閉じた時にCoverと比べると薄くて段差がない

という点だろう。

キーボードの仕様は変わっていないはずなのですが、個人的にはFolioの方が打鍵感がいいように感じています。

おそらく、多少異なる厚みが原因かな?

特徴の1つとして2段階の角度調整があるが、個人的にはまだ1段階目の急な角度では使用していません(笑)

こちらが急な方の一段目
こちらが二段目


SmarkKeyboardを使うときは座ってタイピングするときなので、1段階目は正直急なんですよね(笑)

なので、2枚目の画像の角度でしか使用していません。

むしろ、この角度は絶妙に良くて、タイピングをする際や座って画面を見るときに非常に見やすい角度ですね。



今回、Folioになったことで背面もこのように保護される形状になりました。

なので、これまでの無印iPadやiPad Air3で使っていたようなカバーと異なり、本体のカラーがカメラの切り取り部分以外で見えないように。

あ、あとFolioから横向きに置いた時にAppleマークが正面に見えるようになりました(笑)

以前のSmartKeyboard Coverだと使用している時にAppleマークが横向きになってタブレットを横向きに使っている感が強かったので、これでよりPCを使っている感じに近づいたかな。


残念な点

いい面があれば残念な点ももちろんある。

ApplePencil

ApplePencil自体に不満点は特にないのだが、1点あるとすればカバンの中などにiPadを入れる時やカバンから取り出す時に引っかかってPencilが取れてしまう、という点だろう。

普通にしている分には取れないくらいの磁力はあるのだが、やっぱり何かに引っかかったりすると取れてしまう。

なので、カバンから取り出したときに、

「あれ、ペンシルは?」

となるときが時々ある。

カバンからの出し入れをする時は注意が必要になる。

SmartKeyboard Folio

SmartKeyboardについては、残念な点、というかデメリット的なところがある。

まずは、汚れやすい、という点。

このように、普通に持ち運びをして使っているだけなのだが、こんなに汚れが目立つように、、、。

もちろん、少し濡れたシートなどを使えば簡単に綺麗になるので、お手入れ自体は楽なのだが、この汚れは気になる、、、僕の使い方の問題なのだろうか、、、。


あとは、つけていると単純にタブレットとしては重い、という点。

僕の場合は、持ち運び用のサブPC的立ち位置という感じなので、そのポジションでは全く不満はないのだが、タブレットとして自宅で使う時等はやはり重く感じる。

なので、ソファーでくつろぎながらタブレットとして使う、という時はFolioを取り外して使っている。

これは一長一短なので、タブレットとして使うことがほとんどで、キーボードは求めていない、という人はこのようなSmart Folioを使うことをおすすめ。


まとめ

iPad miniを除き、すべてのiPadでSmarkKeyboardとApple Pencilを使うことができるようになった今、本体と合わせて3点セットで買う人は多いと思う。

ただ、基本的に安いアクセサリーではないので、各自の必要度をしっかり考えて購入を検討することをおすすめする。


僕が1つ言えることは僕はiPadがある生活になってからMacを取り出す機会が激減した。

ちょっとした動画編集とかもSmartKeyboardとApple Pencilがあればかなりスムーズにすることができる時代になったので、まだiPadを持っていない、という人は以前まとめた記事があるので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

-Apple, iPad
-, , , ,

Copyright© S-Chan Log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.