GOODS ガジェット・デジタル系

脱 PC腱鞘炎!!Logicool MX ERGOレビュー

皆さんはPC腱鞘炎はご存知でしょうか?

PC(特にマウスやキーボード)の長時間の使用により腱鞘炎になることらしいです。

2019年末にPC腱鞘炎を患い、それ以降僕は仕事柄、終日PC業務をしているので様々なグッヅを使用して予防をしてきました。

しかし、最近腱鞘炎を以前やった箇所が改めて違和感を感じるようになり、PC腱鞘炎の再発しないか不安を抱えていました。z


そこで、今回マウスをトラックボールに変えてみました。

トラックボールは腱鞘炎予防にもいい、ということで実際に使ってみたレビューをしていこうと思います!!


トラックボールとは?

そもそもトラックボールってなに?という人もいるでしょう。

トラックボールとは下の画像のような形状のマウスで、ボールを転がすことでマウスカーソルを動かす仕組みになっています。

通常のマウスと異なり、手・手首自体は固定された状態で親指でマウスカーソルを動かし、人差し指・中指でクリック等をするので指の動作のみで完結するので、腱鞘炎予防にいい、とされています。


Logicool MX ERGOを購入

各社、様々な商品を出していますが、今回僕が購入したのはLogicoolのMX ERGOというトラックボールの中で最上位のもの。



なぜ、MX ERGOにしたか、というと、

•  Logicoolのマウスが全体的に評価がいい

•  親指でマウスカーソルを動かす形状がこれまでの操作性と大きく変わらず良さそう

•  バッテリーが電池でなく充電方式

という点。

特に、3つ目の充電方式という点が僕にとって重要ポイントでした。

職場で使用するので、帰る前に充電すれば仕事中の電池切れの心配もないので、電池式ではなくて充電式が良かったのです。

価格は、12,000円ほどと結構高級ですが、仕事道具かつ自分の体に関わることなので妥協せず奮発して購入しました!!


開封!!

同梱物は、

•  本体

•  USB用レシーバー

•  充電ケーブル

と至ってシンプル。

実際に持って(握って?)みたらこんな感じ。




横にあるボタンを押すと白いランプがつき、この状態だとマウスカーソルの動きがゆっくりになり細かく動かすことができます。



また、このMX ERGOの特徴として、2段階にマウスの角度を調整することができます。

このように、角度を平らにすると通常のマウスと同じような角度なのですが、傾けることで、手・手首をより自然な位置でキープすることができます。


使用感

実際に1週間くらい仕事で使用してみました。

僕の職場での作業環境は26インチ程度(おそらく)を2枚使用したデュアルディスプレイ。

最初は、トラックボールでの操作に不安(カーソルをしっかり合わせられるか等)もありましたが、全く問題ありませんでした。

むしろ横にあるボタン(カーソルがゆっくりになるやつ)は全く使用していません

これまで、画面が2枚もあることでカーソル移動が大変だったのですが、トラックボールであれば非常に快適でした。

また、手首や腕を固定した状態で使用できるので、腱鞘炎の元となった手首や腕・肩にも非常に優しいと感じます。

特に、手・手首の疲れ具合はかなり軽減されました。

個人的には、この傾いた状態での作業が非常に快適で疲労も溜まらないので、体にもいいだろうな、と思いました。



まとめ

先ほど書いたように、僕は2画面で仕事をしているのでトラックボールが非常に環境的にマッチしましたが、ノートPCのような狭い画面で作業している人にとっては、細かい操作がしにくくて向いていないかな?とも思います。

ただ、腱鞘炎予防としては非常に効果があると思うので、継続して使用していこうと思います!!

大画面・複数画面で仕事をしていて、マウス腱鞘炎に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

-GOODS, ガジェット・デジタル系
-, , ,

Copyright© S-Chan Log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.