Apple iPhone

iPhone12 Pro 2ヶ月使用レビュー

今年のiPhoneも出揃い、iPhoneの買い替えを検討している人もいると思います。(以前まとめたiPhoneの選び方の記事はこちら↓)



iPhone12 Proを購入して2ヶ月経過となるので、今日は2ヶ月使用レビューをしていきます!!

今回もスペック的な数値ではなく、実際に使用してみて感じたところを中心にレビューしていこうと思います!!

以前書いた開封・1週間使用レビューはこちら↓




サイズ感・グリップ感

まずはサイズ感から。

僕は、前機種でiPhone11を使っていました。

11シリーズと比較して、サイズとしては、

iPhone11 Pro<iPhone12 Pro<iPhone11

といった感んじ。



今はこの写真のように購入時にビックカメラで購入したクリアハードケースにポップソケッツを着けてを使っているのですが、サイズ感としては11よりも持ちやすいです。



11でもケースをつけていたので、単純にサイズが小さくなったことが理由でしょう。

ただし、6以降から11までと12での違いとしてラウンドシェイプから角張ったデザインへ変更されているため、持ち心地は結構違います。

個人的には手に引っかかりができる感じがして好きですが、人によっては角張ったことで痛い・持ちにくい、と感じる人もいるでしょう。


カメラ・写真

僕が今回12へ買い替えた理由は主にカメラ・写真です。

1つ目はまだリリースされていないので試せていないのですが、Apple ProRAWを試してみたい、と思ったから。

これまで、ミラーレスでRAW撮影していたのですが、これが本格的にiPhoneへリプレイスすることができたら、旅行とかでの荷物を減らすことができるので少し期待しています。

もう1つが望遠レンズです。


以前は、

望遠はいらないかな〜、Proと無印で価格差結構あるし

、と思い11にしましたが、個人的にやっぱり望遠があった方が撮影構成の選択肢が増えるので次買う時はPro(望遠レンズ搭載機種)と決めていました。

望遠レンズがあることで、物撮りをする際に自分の影を入れずに近距離撮影をすることができるので、個人的にはGood!!

望遠レンズで撮ったミッキー達。

これくらいなら全然いいじゃん!!、って思えますよね。



また、これは目当てにはしてなかったのですが、全レンズでナイトモードを使用することができるようになったのは大きな進化でした!!

チップ性能の向上によって、画像処理がより進化して実際に自分で見た感じを忠実に再現してくれる感じもします。

写真も今や基本的にSNSへのアップや家族や友人とのスマホ間でのシェアが基本(個人的にはブログで使用する写真もですが)なので、iPhoneで満足に完結できるレベルになって来ていると思います。

実際にこの前、家族で泊まりでディズニーシーとランドに行った時はiPhoneだけ持っていって撮影しました。

超広角レンズで撮った写真。

ディズニーはいい被写体がいっぱいあるしシャッターチャンスも多いから楽しい!!

通常の広角レンズで撮った一枚。

下2枚はナイトモードで撮った写真。

どうでしょうか?

撮って出しではないですが、これだけの写真が撮れれば、カメラだとSDカードからの転送とかの手間があることを考えると、iPhoneで十分、と思ってしまいます。

正直、ミラーレスの出番は激減しています、、、。


使用感

今回から、Proモデルは容量が128GBからになりました。

個人的にはいつも音楽の端末へのダウンロードや写真とか結構入れているので常時80GB近く使っているので、一番ちょうどいい容量は128GBモデルなので、これは正直嬉しい。

今の使用状況はこんな感じ。

写真はiCloud連携をしていない状態なので、iCloudも使用すれば容量の節約にはなる計算なので、まだまだ余裕はある感じ。

iCloudについてまとめた記事はこちら↓



チップ性能が向上した、と言われているが正直11からの買い替え(A13とA14)では違いは分かりにく感じですが、写真編集をしたりすると、11よりスムーズにパラメータを動かして変わっていく様子がリアルタイムで表示されるので、チップ性能は格段に向上していると思います。

ただ、通常のブラウジングとかだとあんまり差がわからないかも。

11から買い替えをするほどではないが、XSやXを使っている人からすると結構違いを感じるかも。



LiDARは?

Proの特徴としてLiDARスキャナを搭載していることがあります。

正直、ARを使ったアプリや体験をしていないので、わからないのですが、ポートレートを使用した際に明るいとことでもストローがボケない、とか違いが11とあるので、個人的には明るさに関係なく、LiDARスキャナが写真撮影に影響を及ぼしている可能性がある、と考察しています。

スタバで撮った1枚。

これまでのポートレートモードではストロー部分もボケていたが、12Proではストローがボケずに撮ることができている。



Appleとしては明言はしていなが、日中での撮影とかでもLiDARは作動しているのでより精度の高いボケ感を出せるとうの恩恵はあると思う。


まとめ

個人的に、すごく満足度が高いiPhone12 Pro。

撮った写真も簡単な編集であればチップ性能の高さから簡単に編集をすることができますし、そもそも写真のクオリティーが高いです!!

これから、Apple ProRAWが出たら使ってみて使用感レビューしていこうと思います!!

今年iPhoneを買おう、と思っている人は以前まとめた記事を参考に自分に合ったiPhoneを見つけてください。↓

-Apple, iPhone
-, , ,

Copyright© S-Chan Log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.