GOODS ガジェット・デジタル系

Anker Soundcore3発表!!

以前紹介したポータブルスピーカーのAnker Soundcore2。

その後継機にあたるSoundcore3がAnkerから発表された。

以前のSoundcore2のレビューはこちら↓

今回は、新たに発表された3について情報をまとめ、前機種の2と比較をしていこうと思います。


Soundcore3の特徴

今回の特徴は音質の強化だという。

BaseUpテクノロジーによるリアルタイムの低音強化と、パッシブラジエーターを新たに採用したことで、低音域をされに深みのあるサウンド、へ仕上げたとしている。

おそらく前作の2よりも音質は向上しているのだろう。



さらに、オーディオ出力も最大12Wから16W(8W×2)へパワーアップしていることで、より深みと広がりのある大音量サウンドを楽しめるようになった、という。

以前の2のレビューでも書いたが、正直2でも価格に対して非常に満足度の高い音質・迫力だったのでどれくらい進化しているのか気になるところ。



もちろん機能面も進化している。

Soundcoreアプリ上でイコライザーの選択やカスタマイズ、低音強調機能のON/OFFが可能となった。

これにより、スピーカー側から好みの音にカスタマイズすることができるようになり、より音楽を自分やシチュエーションに合わせて楽しむことができるだろう。


そして、充電端子がmicroUSBからUSB-Cへ変更になった!!

前作のSoundcore2はType-Bの採用だった

最近のType-Cの標準化に合わせた形だ。

これは、コードを減らす機会になって非常に良い。


Soundcore2と同じポイント

もちろん前作のSoundcore2から引き続き同じポイントもある。

まずは、IPX7対応の防水性能。

最長30分であれば水深1mまで沈めても操作可能。

そして、周りの素材はラバー素材で汚れても簡単に水拭きすることができる。

キャンプなどアクティブ用途でもしっかり使うことができる。



まとめ

前作の Soundcore2も評判通り非常に良い商品でした。

これだけ良い音質・機能で価格も税込5,990円と6,000円を切る価格!!

おうち時間も増えて、手頃なポータブルスピーカーが欲しいな、と思っている方はおすすめです!!

-GOODS, ガジェット・デジタル系
-, , , , ,

Copyright© S-Chan Log , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.