Apple LIFE コラム

【コラム】次期iPhoneにUSB Type-Cの搭載はない?MagSafeに考えるAppleの戦略

新作のiPhoneが発表される度に取り上げられるあるパーツがある。


そう、Lightningポートだ。


世の中の流れから、「USB TYPE-Cにして欲しい」という意見が多い様に僕は感じています。


しかし、今回の12シリーズで発表されたのは、

・Lightningポート継続

・MagSafeの採用

でした。



今回は、近年のApple製品に採用された充電形式から、これからのAppleの動きを予想・考察してみようと思います。



現行製品の充電形式

まずは、現行のモバイル機種の最新製品の充電方式についてまとめてみた。


・iPhone:Lightning+MagSafe

・iPad Pro・Air:USE Type-C

・iPad第8世代:Lightning

・Apple Watch:磁気充電



メインとなる端末で見ると、いろんな方式が入り混じっているのがわかる。



次に付属となる商品を見ていくとこうなる。


・Apple Pencil:iPadに磁力でつけて充電

・SmartKeyboardシリーズ:SmartConnectorからの直接供給

・MagicKeyboard:SmartConnectorからの直接供給



こうしてみると、磁力を利用した接点充電が占めていることがわかる。


もしこれが、

先に付属となる端末に磁力充電方式を浸透させて、本体となる端末も徐々に移行する、

というAppleの考えであったらどうだろう。



そうなると、iPhoneがこれまで頑なにUSE Type-Cを採用せず、今回MagSafe充電を採用したのも納得できてくる。

つまり、Appleはモバイル端末において

・有線充電方式を廃止

・MagSafe等の磁力充電を採用

していく方針をとるのではないか。



なぜ磁力充電方式?

有線を廃止するなら無線充電(Qi規格)を採用するのでは?と思うが、AppleはAirPowerという純正のQi充電規格製品を発表したものの開発中止をしている。


AirPowerの類似商品が市場に出回っているので、正直Appleが開発できない代物、とは思えない。

つまり、充電時間や置く位置が少しでもズレると充電されないというQi充電の問題点を考慮して完全無線接続での充電は時期尚早と判断して、時期充電の形式に舵を切ったのではないだろうか。

そうなると、この時期でMagSafeをiPhoneに搭載して純正の充電パッドの発売をする流れも納得できる。



置くだけで充電ができ、有線接続と同等とは行かなくてもQi充電より高速で充電できる。

磁力によってズレることなく、ユーザーは決まった位置に置くだけで充電ができるので、

“意識して充電をする”

という動作が不要となるシステムをAppleは構築しようとしている、と僕は考える。



まとめ

Appleが頑なにiPhoneにUSB-Cを採用せずLightningに拘っているのは、磁力充電に活路と可能性を見出し、今はその移行期間だからなのかもしれない。

そうなると将来的には、新発売となるMagSafeパッドのように全部のApple製品は充電にケーブルは不要で、磁力充電パッドが1つあれば完結する未来が来るかもしれない。

個人的には、今回発売されるMagSafe充電パッドは購入しようかな、と思っている。

-Apple, LIFE, コラム
-, , , , , , ,

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.