iPad

iPadはPCの代わりになる?

外での作業とかで持ち運び用の端末の購入を検討する際に、候補に上がり悩むのが、


iPadはPC(Mac)の代わりになるのか?


ということではないだろうか?



僕は以前は、

・Macbook Pro16インチ(2019)

・Macbook 12インチ(2016)

を使い分けていたが、実際にはほとんどPro16インチしか使用せずMacbook12インチとの使い分けをうまくできていなかった。


そこで、無駄遣いを減らす観点からも、

同一種類の端末は1つまで

というマイルールを策定し、Macbook12インチを売却してモバイル用途の端末は別に購入することとした。


現在は、

・Macbook  Pro16インチ(2019)

・iPad Air3(2019)

の2台体制でブログの運用を始め作業をしている。


サブ端末として、PCの替わりとしてiPadは使えるのか、とういう点も含めて今日はまとめていこうと思う。

結論としては、

使い方・用途によっては問題なく替わりにならなくはないが100%まかなうことはできない

、というのが僕の考えだ。




iPad Air3を購入するまでの経緯

iPad Air3を購入するまでの詳細の経緯は、以前記事にしているのでまだ読んでないよ〜って方はこちらもぜひ読んでください!!↓


元々は、Macbook12インチの替わりとして購入したわけだが、購入時点で

Macbook12と全く同じことはできない

という認識を持って購入した。

OSがモバイル用がベースであるiPadOSとフルのPC OSであるMacOSを単純に比較してはいけない、という認識をしっかり持った上で自らの使用用途や手持ちの端末を整理するのが、モバイル端末としてiPadにすべきかSurfaceのような2-1PCにすべきかの判断していきましょう。



iPadを選んだ際の考え


僕の購入検討時に考慮すべき情報を整理すると、

・メインマシンとしてMacbook Pro16インチがある

・求める用途は、

 1.出先でのRAW現像と写真編集

 2.ブログ記事の作成

 3.YouTubeやdマガジン、Kindle等のエンタメ消費

 の3点

・RAW現像とブログ記事の作成ができるスペックがあるなら軽さを優先

となった。


つまり、母艦としてのMacbook Pro16インチのサブ機としての扱いになるので、ゴリゴリのハイスペックは求めず、Affinity Photoを使ってのRaw現像と編集、ブログ記事の作成とアップができれば十分ということ。

(求める用途の3点目については、上記2点ができれば十分サクサク快適に使えると判断)


サブ機としての位置付けとして、求める用途の3点でiPadかモバイルPCの方がいいかを順に検討していった。


出先でのRAW現像と写真編集

実際にAffinity Photoのサイトを確認するとiPadもアプリ版として使用ができることは明記されているが、実際にスムーズに現像・編集ができるかは分からないため、YouTubeを調べて確認した。


僕が参考にしたYouTuberさんはこちら↓



iPadでのクリエイティブ作業等について詳細にわかりやすくレビューしてくれているamity_senseiの動画は本当にわかりやすく僕も大好きなYouTuberさんだ。

クリエイティブ系のことをやってみたいけどiPadでできるかな?と思ったらamity_senseiの動画をぜひ参考にしてみてください!!

僕はamity_senseiの動画を見て無印iPadでも十分Affinity Photoを使えることを確認できたので、このポイントではiPadでもモバイルPCでもどちらでもOK、という判断をした。

ブログ記事の作成

僕は普段の記事作成のフローとして、

1.Bearでブログ記事の下書きを作成

 Bearは多彩の機能に特化したテキストエディターアプリで、年間1,500円のサブスクリプションで、

•  すべてのデバイス間でメモを同期

•  PDF、HTML、DOCX、JPG形式への高度なエクスポート

•  アプリテーマ

を使えるようになる。

Bearについては、いずれ別途記事にしようと思います。

2.Bearで作成した下書きをWeb版のWordPressへコピペし写真や文章の配置等細かな修正をして公開

といった流れ。


下書きでBearアプリをサブスクリプション契約をしているので、全ての端末間での同期が可能となるため、iPadやMacbookのApple製品がベスト。

また、写真についてもAirDropで簡単に共有ができるため、この時点でSurfaceを選ぶメリットは小さい。



BearはiPhoneでも普段の仕事でもメモとして使用しているのでiPadでの使用感に全く問題ないことは確認済み。

肝心のWordPressについては、以前はiPadでは使いにくい表示・使用感であったらしいが、iPadOSとなりSafariがPC表示可能となったことで使用感が良くなったとの情報を多く見かけたため、iPadでもブログ記事の作成はできそうと判断。

ただし、少し不安はあるのでMacbookの方がいいのか、と頭の片隅では考えた。

エンタメ消費

これはもはや比べるまでもなくiPadの方が優勢だろう。

アプリも充実しているし、何よりPCに比べて圧倒的に気楽にエンタメ消費をすることができる。

バッテリー持ちも個人的感覚ではPCよりもiPadの方が全然持ちがいいので、エンタメ消費・インプット用途であればiPad一択だろう。



まとめ

どうでしょうか。

上記3点を考慮すると、

1.iPadで全然問題なし

2.iPadOSへの進化にてiPadでも可能らしい(実際に使用するまで少し不安はある)

3.iPadが圧倒的に優位

という結果になった。


2が唯一懸念があるが、実際にiPadOSになってからiPadのみでブログを作成している人や記事を作成しているライターさんの話をいくつか見かけたため、僕はモバイル用端末としてiPadの購入を決意した。


僕の場合、以上のような用途を目的として購入しているので、

・フルのPCOSでなくiPadOSで十分

・スペックもiPadで十分

・やりたいことはiPadでできる

ということがわかったため、僕の用途としては

iPadはPCの替わりになっている

というのが結論です。

実際、写真編集は指やApple Pencilを使って作業できるiPadの方が使いやすい面も多く、出先だけでなく自宅も含めて使用頻度としては圧倒的にiPad Air>Macとなっています。

ただ、スプリットビューで複数画面の表示は可能になっていますが、マルチタスクについてはPCOSには敵わないので、マルチタスクでガンガンやりたい!!という人はストレスが溜まる可能性があるので、モバイルPCを検討も考えた方がいいかもしれません。



iPad Air3の1ヶ月使用レビュー・2020年新型iPadとの比較はこちらから↓

-iPad
-, , ,

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.