未分類

iPhone12 Proを買う理由

以前、僕はブログでiPhone11は無印で十分という内容の記事をアップした。


今回のiPhone12についても多くの人はスペック的には無印の12で十分だと思っている。

今iPhone11を使っている僕ですが、今回iPhone12 Proを予約購入した。

今日は、iPhone11ユーザーの僕がiPhone12 Proを選んだ理由についてまとめていこうと思う。

無印の12と12 Proで迷っている人の参考になれば嬉しいです。


買い替えを検討した理由

そもそも去年11を購入して1年でなぜ買い替え?と思う人も多いと思う。

今回、僕が買い替えを検討した理由は主に3つ。
・iPhoneで撮影する機会が増えた
・iPhoneで撮った写真の方がいい写真が多い
・旧機種を下取りに出した際に、1年と2年でどちらが安く買い替えできるのか
である。

iPhoneで撮影する機会が増えた

僕はメインのカメラとしてOLYMPUSのOM-D E-M5 Mark IIを使っているのだが、ミラーレスとは言えiPhoneと比べると持ちだすにはサイズと重さがあり、交換用レンズを持っていったりすると更に荷物が増える。
そして、何より意識して持ち出しをしないと使わないミラーレスよりiPhoneの方が圧倒的に撮影機会が多く、撮っている枚数も多い。


昔みたいにスマホのカメラがまだまだ発展途上の時代であったら話は違うが、今のiPhoneはカメラ性能が非常に良く、iPhoneだけでも十分綺麗な写真を撮ることができる。


そして撮った写真を見るのもiPhoneやiPadの画面上が主であり、プリントアウトする機会がないことを考えると、iPhoneで撮ってiPhoneで見る、というのが一番スムーズで楽ちんでシェアも簡単だから毎回SDカードや無線転送を使って写真をスマホに送る必要があるミラーレスに手を伸ばす機会が減ってきている。

iPhoneで撮った写真の方がいい写真が多い

勿論、画質とかの面で見るとミラーレスで撮った写真の方が綺麗なのは間違いない。特に風景写真とかはミラーレスならではの描写力もある。

しかし、人物写真やフッとした瞬間の写真とかはiPhoneの方が、
この写真いいな、という写真が多く撮れるのだ。


おそらく、ミラーレスとかのカメラを向けられると人は身構えてしまうけど、iPhoneのようなスマホだと普段のいい意味で砕けた状態で写真を撮ることができるのだろう。

風景写真も最近のiPhoneであれば十分綺麗に撮れるし、いつも手元にあるiPhoneなら突然のシャッターチャンスも逃すことなく撮ることができる。

旧機種を下取りに出した際に、1年と2年でどちらが安く買い替えできるのか

こちらについては、以前にブログ記事を書いたので、まだ見てない・確認したい、という人は是非見てください!!

今回、iPhone12 Proで僕が欲しかったのは125GBモデルだったので、古い機種や自宅に眠っていた旧機種を下取りに出すことで実質負担金額がかなり抑えられることが分かった。

なぜiPhone12 Pro

11のカメラに不満点はほとんどなく、本来であれば買い替えしなくても十分なのだが、この1年で感じたのは僕の場合は望遠レンズが欲しい!!と思う機会が予想以上に多かった、ということだ。


遠くの写真を撮るときだけでなく、料理や至近距離のものを撮影したい場合に、通常の広角レンズだと影が入ってしまうのだ。

これは、望遠レンズを使用し少し距離をとって撮影すれば解決できるのだ。


それ以外にも意外と2倍くらいの倍率で撮影したいと思う機会が多く、今回望遠レンズがついている12 Proを購入したいと思い始めたのが最初だった。

そして、上記の3点の考えをまとめ、今回発表されたApple ProRawによってミラーレスと同様にRAW撮影ができるようになることもあり、購入を決意した!!

ちなみにPro Maxの方がレンズ性能は上なのだが、僕は手が小さいのでMaxサイズは合わないのが目に見えている。

あくまでスマホとしてある程度片手で使え、普段使いにストレスにならないように、と考えてMaxの購入は見送ることにした。


無印よりProの方がいいの?

僕は、Proの購入予約をし発売日当日にゲットできることとなった。


では、多くの人にとって無印よりProの方がいいのか?
となると個人的には多くの人は無印で十分だと思う。


無印とProの違いは以下の10個だ。
・アルミニウムボディ(12 Proはステンレス)
・512GBモデルなし(最大256GBまで)
・メモリが4GB(12 Proは6GBとされている)
・最大輝度が625ニト(12 Proは800ニト)
・望遠レンズの非搭載
・ LiDARセンサーの非搭載
・Apple ProRAW非対応
・光学手ブレ補正(12 Proはデュアル光学手ブレ補正)
・ナイトモードポートレート非対応
・Dolby Vision対応HDRビデオ撮影は最大30fpsまで(12 Proは最大60fps)


同じ128GBモデルであれば16,000円、64GBモデルでよければProと21,000円の差がある!!

ステンレスとアルミの質感やカラーで好き嫌いは勿論あると思うが、望遠レンズに必要性を感じていないであったり、上記10個の項目で、これはなきゃ!!と思うのがなければ正直無印で十分だと思う。

ただし、デジカメなどのカメラ類を一切持たず全部iPhoneでカバーしたい!!という人は望遠があった方が便利だろうから個人的にはProをおすすめする。(僕の両親は同じ理由でProを勧めて実際に使っている)



まとめ

いかがでしょうか。
実際に、無印とProの相違点を比べるとほとんど差がなく無印でも十分なのではと思うくらい今回の12シリーズは差が縮んだ印象がある。

自分に必要な機能や価格、使用状況をしっかり考えて購入検討時の参考になれば幸いです!!


公式サイトからの予約・購入はこちらから↓




-未分類

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.