LIFE コラム

COCOAの通知がきた!!

Appleが9月2日に「iOS13.7」および「iPadOS 13.7」を正式にリリースしました。

その中に、新型コロナウイルスの接触通知アプリが未インストールであっても、接触通知システムが利用できる機能が追加されているが、厚生労働省の公式見解より、アプリのインストールをしなければ接触通知機能は利用できない仕組みになっているので、未インストールの方は要注意!!
(参照: 接触確認アプリ利用者向けQ&A|厚生労働省

さて、そんなCOCOAアプリであるが厚労省HPによると2020年9月2日17時時点でのiOS・Android両方の合計ダウンロード数は約1,587万件とのこと。

日本の総人口は2020年8月1日時点で1億2,593万人(参考 : 総務省統計局)なので、登録率は約12.6%。

うちの家族は親戚も含めスマホユーザーはCOCOAをインストールしているが、結構ダウンロードされているな〜と思う反面、登録率でみたらまだまだ普及していない、という印象。

ただ、日経XTECHの記事によると、接触確認アプリの普及率が2割でも効果あり、4割で感染者半減させる効果があるというシミュレーション結果が出たとのこと(参考 : 1000万DLまで来た接触確認アプリ、効果を阻む「あの問題」を平担当副大臣に直撃 | 日経クロステック(xTECH))

そう考えると、もう少し!!って感じの登録者数ですね...


接触通知が来た!!

そんな中、8月のある日の朝、起きてスマホをみたらなんとCOCOAから通知が来ているではないか!!(びっくりして開いてしまったため通知センターのスクショ撮り忘れた...)

接触者がいたら通知はどうくるの?
通知が来たらどうなるの?
とインストールしたものの疑問に思っている人もいると思うので、通知が来た時の対応について、まとめておきたいと思います!!

上記のような不安・疑問を思っている人の少しでも参考になればと思います。


通知が来たらどうなるの?

まず、結論からいうと、通知が来たからといって新型コロナウイルスに絶対感染している、または濃厚接触者になった、というわけではないので注意しましょう。

接触通知アプリは、簡単にいうとBluetooth機能を使って同じCOCOA利用者のスマホが近くにいて検知された場合に通知が来るシステムのようです。

まずは、COCOAアプリを開きましょう!!
アプリを開くと次のような画面が出てくるので、一番上の「陽性者との接触を確認する」の項目をタップしましょう。




いつ陽性者と接触したか確認したい場合は次の画面で一番下の「陽性者との接触一覧」の項目をタップ。



そうすると、いつ・いくつのスマホと接触が確認されたかがわかります。
僕の場合は、2020年8月11日に接触があったことがわかります。
(この日は病院への定期受診以外家にいたので、おそらく病院の待合室とかかな?)



さっきの画面に戻って、電話で相談したい、という以外は一番上の「症状を入力して相談」をタップ。


質問項目は次の2つ。ともに症状がなければ3枚目の画面が表示されるので、14日間症状がでないか注意して体調に変化があった際は再度アプリを開いて相談する、という流れになります。



もし、症状ありを選択した場合は、次の画面が出てくるからお住まいの都道府県を選び最寄りの帰国者・接触者相談センター等の住所や電話番号が出てくるので連絡して、指示に従う流れになると思います。




まとめ

僕は、症状もなく体調不良・体調の変化もなかったため受診はしませんでしたが、通知がきてからしばらくは無症状感染者の可能性も考えていつも以上に人との接触には注意しました!!

自分がかかっているかどうかの判断にもなるし、
”人に移さない”
という意識を強くすることができるので、そういう意味ではこの通知は効果が確かにあるのだと思いました!!


実際、ニュースでは無感染者からの感染が感染経路不明のほとんどの可能性があるとの話もあるので、まだインストールしていない人は自分だけでなく家族などの周りの人も守る意味でもインストールの検討をしてみてはいかが?

-LIFE, コラム
-, , ,

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.