GOODS LIFE ガジェット・デジタル系 コラム

【在宅勤務コラム】外付けモニターを使って業務を快適に

以前、初回のコラム投稿をした在宅勤務コラム。


2回目は、仕事の効率化について。


皆さんは出社されていた時のPC環境はどのような環境でしたか?
デスクトップPCで大きい画面を使って仕事をしている人も多くいると思います。

僕も少し特殊な業務をしているので、大きいモニターを2つ使いデスクトップPCで業務をしていました。

在宅勤務が始まった時は、会社から支給されたノートPCと15インチの外付けモニターで業務をしていたのですが、出社時のモニターサイズの環境との差がありすぎたため、業務効率が大きく落ちてしまいました。

たかがモニター、されどモニター。
1つ外付けの大きいサイズのモニターを導入するだけで業務効率が大きく変化します!!

現在のPC環境

現在の僕のデスク環境はこんな感じ。


写真ではプライベート用のMacbook Pro16インチでMagicKeyboardとMagicMousに置き換えていますが、本業の業務時は会社支給の14インチのノートPCに有線キーボード・ワイヤレスマウスを使用しています。

モニターは、一人暮らし時代に使っていたORIONの24型の液晶TVを使用しています。
妻と一緒に暮らし初めてTVを新調した際に、リサイクルに出さないでとっておいたTVをモニター代わりに使っています。

TVでもHDMI端子があるものであれば、PCと接続してモニターとして使用することができます。


外部モニターとPC画面の使い分け

僕は、外部モニターにメイン作業をする画面(社内の業務システムやExcel・パワポ等)を複数画面開き、PC画面でメールや社内のチャット機能、業務の参考情報になる画面等を開いています。

流石に実際の業務画面をお見せすることはできないので、プライベートのMacで再現するとこんな感じ。

外部出力している外付けモニターをメイン画面として、メイン作業をする画面を置いています。

ブログ作成であれば、WordPress画面やAffinity Photoは必ず開きいつでも作業をできるようにしています。

MacBookの画面はサブとして、表示しておきたい閲覧・確認系の画面、ブログの下書き(Bearを使っています)、メールやLINEなどの連絡ツール系を開いていることが多いです。

こうすることで、メイン画面でブログ記事の作成や写真の編集をしながらサイト等の情報の確認をすることができるので、いちいち画面を変える必要がなくなるので、

作業効率を落とすことなく進めることができます。

実際の本業でもこうすることで、実際にメイン作業をする画面を大きく使え、業務効率を落とすことなく仕事ができています。

実際に、在宅勤務を始めたてで外部モニターを使っていなかった4月が月の時間外勤務時間が48時間程度だったのが、5・6月は平均で32時間程度まで削減できたので、20営業日として1日平均48分の時間外勤務削減になっていますね。

それに、大きい画面をメインに据えることで、視線が下がりすぎず大きい画面で仕事ができるので、目や体の疲れが楽になりました!!


まとめ

会社や職種によって異なるとは思いますが、デスクワークが基本で在宅勤務を実施している人であれば、外部モニターの使用はお勧めです!!

業務効率が上がり、仕事を早く終えることができるので、プライベートの時間も充実させることができます。

DellやAsusなどの有名メーカーでも24インチ程度のサイズであれば、Amazonで2万円程度で購入することが可能ですし、モニターを置く場所がない人でもご自宅のTVにHDMI端子が挿せればそれを使って大画面で仕事をすることができるので、ご家庭の事情に合わせて検討してみてはいかがでしょうか。


 

-GOODS, LIFE, ガジェット・デジタル系, コラム
-, , , , ,

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.