LIFE コラム

デジタルデトックスをしてみたい

日々の生活で皆さんはどれくらいの時間、スマホやタブレットをふれていますか?

家族間の連絡ツールがガラケーの時は電話やメールだったのが、もはやLINEに置き換わり早数年。
スマホが普及し、個人的には世界基準で生活インフラとしての地位をスマホは得ていますよね。
(最近なんかのテレビ番組で、最近の若者がPC離れ・スマホが標準化したことでローマ字打ち・PCの使い方がわからない、というニュースをみたかも...)


少し特殊な業務を仕事ではしているので、業務をスマホやタブレットで実施することは個人的にはできないのですが、人によっては快適度が違ってもスマホだけで仕事が完結する人もいるくらいですもんね(曖昧な記憶なのですが、ホリエモンさんやメンタリストのDaiGoさんはスマホでほぼ仕事が完結している的なことを著書で書いていたかな?)



話がだいぶそれましたが、iOSデバイスではiOS12からスクリーンタイムというメニューから1日単位で日々のデバイスの使用状況を確認できるようになり、スマホの使いすぎやスマホ依存症の対応としてAppleが導入したと言われています。

そんな中、デジタルデトックスというのを知り、やってみたいな〜と思ったので記事でまとめてみようと思います!!


デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは、
”一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。(参考:デジタルデトックスとは? | DIGITAL DETOX JAPAN)”
というものです。



考え方の一種なので、各種サイトや個人・団体によって定義や方法は多少異なると思いますが、概ね言えることは、
”スマホなどのデジタルデバイスやSNSから離れて生活してみよう!!”
ということで一致していると思います。

デジタルデトックスの効果としては、

  • 気持ちがスッキリする
  • 目の疲れが取れる
  • 頭(脳)の疲れが取れる
  • 睡眠の質が良くなる
  • ストレスが減る
  • 安心感が増す
  • 想像力(創造力)が高まる
  • ひらめきが良くなる
  • 五感がさえる
  • 幸せな気持ちになれる
  • 睡眠の質が良くなる
  • 想像力(創造力)が高まる
  • 五感がさえる
    が挙げられているようです。(参考:デジタルデトックスとは? | DIGITAL DETOX JAPAN)



もちろん個人差はあると思いますが、

  • 休日ゆっくりしたのになんか疲れが取れない
  • 最近眠りが浅い or よく寝れない
  • 頭がスッキリしない or 脳が疲れた感じがする
    等がある場合はもしかしたら効果的かもしれませんね。


そしてなにより、新たに時間を創出できることが大きいのではないでしょうか。
デジタルデトックスで新たにできた時間を使って、自己啓発の勉強や習い事・読書をしてもいいし、家族や友達との時間作ったり、と新たな挑戦や試みがたくさんできますよね!!
僕がデジタルデトックスが気になったポイントは、この新しい時間の創出です!!





デジタルデトックスの方法は?

デジタルデトックスってどうやってやるの?という話になりますが、
極端な方法だと、スマホ等のデジタル機器を持たずにキャンプに行ったり、旅行に行って、数日間デジタル断食をする、というのがあるようですが、正直現代の日本人にここまでのデジタルデトックスできる人は限られるのでは?と思います。


休日だけ実施しよう、と思っても家族がいたりすると完全なデジタルデトックスは難しいな〜と思ったり、そんなに自分を追い込んでできるだろうか?と考えてしまった人もいると思います。


僕も含め、多くの人は”プチ”デジタルデトックスがいいのでは、と考えています!!

プチデジタルデトックスについてと、僕が実践してみたレビューについてもこの記事に書くと長くなるので、別の記事に分けて投稿します。

-LIFE, コラム
-, ,

Copyright© S-Chan Log , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.